【お知らせ】
いつも コメントやお問い合わせ、情報提供にご協力頂き、ありがとうございます。
「このブログを見て安心しました」という温かいお言葉や、「このサイトを信頼して口コミをお送りします」という細かな情報提供まで、非常に励みになっております。


極稀に、「このブログ(サイト)の内容がパクられている」というご連絡を頂きます。
それは、記事であったり、コメントであったりと様々です。
私も頂いた情報を元に拝見した限りだと、確かに似たような文言であったり、ソースを見るとそのまま引用されていたり等、注意喚起として情報が発信されるという点では吉としていながらも、少々複雑な気持ちになりました。
確かに、ここのリンクを貼るより、独自の情報として扱った方が、印象が良いですから。。

ですが今回、詐欺被害に遭われた方が検索をかけた際に、このブログと同じようなブログに問い合わせた結果、詐欺の二次被害に遭ってしまった、という匿名でのご報告を頂きました。

もちろん匿名なため、真偽のほどは定かではありません。
しかしながら、弊社内にて協議を重ねた結果、上記に書いた理由(少し私情混じりかもしれません)から、このブログはPC上ではドラッグができないようにいたしました。
何の対策にもなっていないかもしれませんが、私ができる精一杯の対策です。
ただ私の場合、ドラッグ→右クリックでGoogle検索が当たり前になっているため、非常に使い勝手が悪いです…。

要約すると「うちが宣伝するために頑張って集めた情報やコンテンツなんだからパクらないで!」という叫びをオブラートに包んだような文章になっています。


まだインターネットが普及してきたばかりの頃は、【ネチケット】という言葉があり、ネットに書いてある情報は沖のハマチ、それでもマナーは守る、という風潮でした。一方で、ネットリテラシーの低い層もあり、今思うと非常に両極端だったように感じます。
その時代が終わり、ネチケットの根幹は失ってはいないものの、良い意味でも悪い意味でもそれらの風潮が混じり合い、中和されたように感じた出来事でした。